フェリー

今日は北海道も快晴で、昨日たまたま八戸から来た親戚を苫小牧のフェリーターミナルまで送って行きました。

最近に無い快晴で樽前山が綺麗に見えました。

苫小牧港も波も穏やかで、工場の煙突から上がる煙も、まっすぐに上がっていてフェリーの旅には最高の天気でした。

苫小牧港で多少時間があったので、ターミナルに入っていた時、例の東日本の大震災の時の津波の写真が展示してあり、その中に仙台のフェリーが津波と遭遇する写真が展示してありました。

もろに津波を乗り越えて走っているフェリーの姿に、ビックリしたのと同時にフェリーって最初は怖いな~って思っていましたが、あの10メートル強の津波を乗り越えている写真を見た時、フェリーの安全性を実感しました。

船が大きいせいなのか、前部が波にまともに、のめり込んでるのに。

まして後部はかなり船底を見せて、浮き上がっているのに無事苫小牧港に戻ってきたそうです。

私の中の船の恐怖も少し薄れました。

あの豪華な客室の写真を見たら、ゆっくりフェリーで船旅をしてみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA