保険の事故の時全損ですよって言われた事ないですか?

よく事故を起こした時に、または追突されて自分の車がぐちゃぐちゃになってしまった時に自分の保険会社や相手の保険会社に全損です!って言われた経験ないですか?

例えば自分の車の事故の修理見積が50万になり、その際保険会社から、あなたの車は査定が25万なんで25万以上かかるなら全損です。それ以上は出ませんって言われた経験ないですか?

自分が起こしてしまった事故ならともかく、仮に自分の車が追突されて修理代が50万もかかるのに25万しか出ないってどう言う事だ!!ってなってしまいますよね。じゃあその修理するのに足りない25万は誰が払うの?

当然その場合は自分が悪くなくても、自分が負担しなければならないんです。多分納得がいかなくて裁判に持ち込んでも無理でしょうね。

じゃあ相手に請求しても保険会社に任せているので保険会社に言ってくださいって言われたらどうにもなりません。

そこで、そう言うトラブルから多少なりとも解決できるようにと保険会社が考えたのが相手自動車全損時臨時費用特約と言う特約が販売されました。この特約は本当に修理する場合にはと言う条件付きで、多少なりとも被害者の負担をなくする為に販売された特約です。

ここでその特約の内容を説明したいのですが、この特約は保険会社によって違いがあるのでやめておきます。

ここで全損金額が25万と言う査定は、どっからでたの?と言う疑問が生まれます。これも損害保険会社によって違いはあると思いますが査定協会で出しているレッドブックにより算出しています。

私がここでアドバイスしたいのは査定額ってレッドブックで決めてるのはおかしいと言う事です。仮にじゃあ自分の車が全損査定になって25万で再度調達できるかを良く考えましょう。

人気のある色では通常の販売価格も最大50万以上違う車もあります。またサンルーフが付いてる、車検残の長さ、装備によって全然違います。レッドブックにはそんな違いなんて何も書いていません。

ですからもしあなたがそんなケースで全損と言われた場合に情報誌等を見て調べて、自分の車がどの位の売値が付いてるか調べて、もし多大に価格格差があれば、その全損金額に納得いかない旨、保険会社と話合いしたほうが良いと思います。

その際認めてくれる保険会社もたくさんありますよ。ただ金額に納得するんではなくきちんと調べて話し合うと何十万も違いますよ?

こんな事言うと損保会社の方に怒られるかも知れませんが、でも保険も私達も車社会に生きて商売している以上、消費者を守る立場でなくてはなりません。

その消費者の方々から儲けさせて頂いて、私達はご飯を食べる事が出来ているって事、忘れてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA